久しぶりにネイルを

何年も前になりますが
マンドリンオケのオフシーズンに
ネイルを楽しんでいたことがありました。
夏には足元ネイルにちょっとお金をかけてみたり。

あの頃はネイルって
ある程度、爪の長さがないと
きれいじゃないと思っていました。
だから爪を伸ばせるオフシーズンしかできない。

でも例えばギターを弾きながら歌う歌手が
短い爪に真っ赤なネイルをしているのを見て
それはそれで可愛らしくていいなぁと。

こんなネイルを見つけました。


胡粉ネイル 紫苑(しおん)
上羽絵惣株式会社


Amazonアソシエイト by 胡粉ネイル 紫苑(しおん) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この「上羽絵惣」という京都の会社は
日本最古の絵具屋さんなんだそうです。
以下HPより

胡粉とは、日本画の重要な白い絵具であり
ホタテ貝殻の微粉末から作られる顔料です。
混色させて淡い色を作ったり
盛り上げや下塗りに使用されます。
また、日本人形(お雛様など)や
能面・神社仏閣の壁画や天井画などにも用いられ続けています。
つまり、日本で古くから存在する白とは
胡粉の真っ白な色なのかもしれません。


天然素材なので爪に優しいのですって。
その分、少しはがれやすいのですが。

「和色シリーズ」はネーミングがとにかく素敵!

浅曙色 (うすあけいろ)
京紅(きょうくれない)
藤紫白 (ふじむらびゃく)
…などなど。

私は「紫苑(しおん)」と「瑪瑙(めのう)」を買いました。

顔だけではなく手にも年齢を感じる今日この頃。
爪がきれいだとテンションアップしますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック