聞き取れなくっちゃ

久しぶりに英語の話を。

4月からNHK「おとなの基礎英語」の
新シリーズが始まりました。
今回はオーストラリアが舞台です。

昨年上半期の前回シリーズは
私のレベルに合っていました。
10分という番組時間も続けるにはちょうどいい。

期待して始めた新シリーズでしたが
これが…難しい…。

毎回取り上げられるキーフレーズは
とても簡単なのです。

Let's take a picture!
Why did you come to Australia?
などなど…
そしてキーフレーズ以外のドラマの内容も
テキストを読めばわからないこともない。

ところが!
ドラマの登場人物の会話が早すぎて
まったく聞き取れない!

前回シリーズは
サイパン、マレーシア、シンガポールが舞台で
確かに現地の方のセリフは聞き取るのに苦労しましたが
日本人の主人公は
ちょっと英語の上手な人レベルで(失礼?)
わかりやすかったんです。

それなのに今回は
現地の方のセリフはもちろんのこと
主人公の日本人の発音もネイティブレベル。
いやいや、これは本当に「基礎英語」ですか?

勉強って何でもそうなのですが
わからないと面白くない。
ましてや私は学生ではないので
やらなければやらないでいいわけです。

テキストを予約しているし
番組は半年間なので
何とかがんばってみようとは思っていますが
ここまで聞き取れないと
毎回へこむんですよねぇ。

ちなみにラジオの「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」は
3年目に突入しましたが続けています。
番組のコンセプト「英語を英語のまま理解する」が
出来ているかはわかりませんが
読めた!わかった!が実感できるので嬉しいです。

でもそれだと上のレベルには行けないのだろうか?
そもそも私が目指しているレベルってどれくらい?
英語で会話する時、自分の意思は伝えられても
相手の言っていることが聞き取れなければ
会話は成立しない。

やっぱり「おとなの基礎英語」
聞き取れなくっちゃいけないのかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年05月19日 06:25
5月からTOEICが新形式になりますが,最初受けたときはそのスピードについていけない問題が何問かありました。お手上げです。現実には聞き返すということができますが,テストは厳しいですね。これは同時にアウトプットの練習,Listen and Repeat を繰り返すと耳と口に慣れてくると思うんです。結局は王道の勉強法が一番なのかなあ。ある本によると40回やらないとダメだとか。40に意味があるらしいです。
2016年05月19日 11:04
リアルETさん

ありがとうございます。
リアルET先生がお手上げとは…やはりTOEICは難しい問題が出るのですねぇ。数年前にラジオでやっていた「英語5分間トレーニング」はListen and Repeatを繰り返す内容でしたが、確かに上達している手ごたえがありました。
40回…きっと意味があるのでしょうね。大変だ~!

この記事へのトラックバック