一汁二菜

この週末は雪で大変な地域が
多かったのではないでしょうか。
こちらも久しぶりに積もりましたが
すぐに雪は雨に変わり、溶けてしまいました。

昨日は娘の部活がお休みで
家族全員の体調が回復したお祝いに
焼肉を食べにいきました。

やっぱりたまには
ガッツリお肉を食べなアカンね~。
しかし、娘が中学生になって
大人料金取られるのはイタイ (>_<)

先週、息子が通う小学校では
インフルエンザが猛威をふるい
学級閉鎖が相次ぎました。
「おうちでも健康管理を徹底してください」
というお手紙をもらうたびに考えること。

おうちでの健康管理とは?

手洗い・うがいの徹底。
睡眠時間の確保。
そしてやっぱりバランスのとれた食事。
なのかな…。

どんなに風邪が流行っていても
元気な子はいるわけで
何が違うのか?
体力?免疫力?それとも運?(笑)

子供が体調を崩し、長引いたりしている時に
「体調管理をしっかり!」と言われると
母である自分が責められているような気がします。
(完全な被害妄想)

「体調管理やってるわ!それでも風邪ひく時はひくねん!」
とテレビのお天気お姉さんに叫んでしまったりする。

そんなこともあり
料理本を買いました。





「一汁三菜」はハードルが高いので
「一汁二菜」にしました。
和食、洋食、中華から韓国料理まで幅広く載っています。
材料も手に入りやすいものばかり。

誰か毎日作ってくれへんかな。
いや、自分で作ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

うき
2014年02月11日 00:27
こんばんは。
家で出来ることなんて限界がありますよね。健康管理を言うなら、集団生活してる学校こそ感染源になる可能性高いと思います。教室にこの時期クレベリン置いてくれたらええのに~人( ̄ω ̄;)勝手に置きに行く訳にもいかないし~~、イライラ。幸い子供達のクラスでは、インフルで一人も休むことなく皆元気なんで、うちの子も助かってるんだと思うんです。警報出てるので、油断は出来ませんが。
だから、結局健康管理はママだけの責任じゃない!と言いたかったんです。。。ホント、ママ業はツラいです。
Σ(´□`;)
2014年02月11日 11:01
おはようございます。快気祝いの焼き肉はいいですね。
「体調管理やってるわ!」はおもしろかったです。こんなとき学校はよろしく程度のことしか言えないんだと思います。「担任が一軒一軒顔色を見におうかがいします」とは言えないし。
うきさんが言われるように学校が感染の最大原因です。この時期受験をひかえた3年生はマスクをしている人がかなりいます。やはり個人レベルでうつさない,うつらないようにしていくしかないのかな。学校では誰も家庭が悪い,母親が悪いなんて思っていないですよ。来るものが当然「そっちにも来たか!」って感じです。
2014年02月11日 11:22
うきさん

ありがとうございます。
クラスでインフルエンザが出ていないのはスゴイですね!息子(4年生)の学年は先週、4クラス中3クラスが学級閉鎖でした。
我が家は息子と夫がインフルエンザを発症してから「クレベリン」の存在を知りまして(-_-;)買いにいったら品薄状態なんですね~。来シーズンは早めに調達しようと思います。藁にも縋る気持ちです。
2014年02月11日 11:32
リアルETさん

ありがとうございます。
おっしゃる通り、学校も「体調管理をお願いします」としか書きようがないのだと思います。子供が風邪をひいた時にママに向かって「うつらないように気をつけて」と言うのと同じですよね。小学生はマスクを嫌がる子も多いですが、やはり感染を防ぐためには出来ることはやりたいものです。
それにしても…どうして受験はこんなシーズンにやるのでしょうかねぇ。子供たちが受験生の年は、私の神経がどうにかなりそうです(-_-;)
うき
2014年02月11日 11:48
こんにちは。またまたお邪魔します。
つい感情的なコメントになってしまって、スミマセン。受験生を抱えて、今日までなんとか健康でやってこれて、今やれやれ一区切りとなりました。高校の合格発表は明日掲示です。
どうしても健康管理と言うと母親の責任みたいに、学校からは学校通信で「早寝早起き、栄養バランスの取れた食生活」みたいな文言がしょっちゅう来るんで、ちょっと体調崩したら自分のせいなんちゃうか~~と、被害妄想にもなるって感じなんですよね。さらにうちの場合、旦那が子供達の健康管理は母親の役目だって決めつけて、毎日のようにプレッシャーかけまくってくるし、かといってイライラして子供達の前で喧嘩するわけにもいかず、全て飲み込んで波風立てないように、あえて特別なことをしないで普段通りにしていくことに気を配ってました。学校の先生だって、集団生活を管理するにも限界がありますよね。やはり、マスクして自衛するしかないんだと分かっているのに、リアルET先生にまで気を遣って頂いて申し訳ない感じです。ホント、ごめんなさ~~い!コメント出入り禁止にだけはせんとってくださいまし(笑)
m(__)m
2014年02月11日 12:06
うきさん

何をおっしゃいますやら!(おばちゃん口調)
「健康管理は母親の責任」というプレッシャー、よくわかります。私もまったく同じです。お兄ちゃんが無事に受験まで乗り切られたとのこと、本当によかったですね。お疲れ様でした。
ご主人のお話がでていますが、うちの夫は子供が風邪をひくと必ず「ケアをよろしく」というメールをよこします。フォローのつもりでしょうが、口先だけかい!と何となくカチンときます。ひねくれた性格ですよね~(笑)
お兄ちゃんに合格通知が届きますように!
2014年02月14日 07:51
おはようございます。
うー、見につまされるな~(^o^;)
「健康管理をしっかり」って、学校からの冬のおたよりの「〆め」の挨拶?というか、そんなもんです。その一言がないと、バランス悪いだろう、みたいな。そう三言ってみれば、三七拍子的なもの。かもでも、それがお母さんたちのプレッシャーとなっているなんて、これは問題だなあと気づかされました。言われてみると、確かに上から目線な感じですよね。
クレベリンは、教室にはちょっと置けないかも(笑)でも、首から下げる個人用のウイルス除去グッズ(多分、クレベリンと同じような成分)を着けている小学生は見かけます。結構、効果あるみたいですよ。
2014年02月14日 09:55
Blue Windさん

コメントありがとうございます。
実はこの記事を読んで、Blue Windさんはどう思われるかなぁと気になっていました。お気を悪くされたら申し訳ありません。
「ご家庭でも体調管理をお願いします」という文言は一種の社交辞令みたいなものだと思います。それをどう受け取るかの問題ですよね。
私は学校を休ませることにものすごく罪悪感を感じてしまうんです。娘が中学生になって余計にそう思うようになりました。だから子供が風邪をひくと必要以上に落ち込み、自分を責めるのかもしれません。
たかがインフルエンザくらいでねぇ。もっと大変な病気で苦しんでおられる方はたくさんいるのに、お恥ずかしいです。
2014年02月14日 11:29
こんにちは、、、コメント爆弾うきです。
BlueWind先生、スミマセン。夢佳さんを応援したくて、気持ちフォローしたかったのに、かえって気を遣わせるコメント打ってしまって、申し訳ないです。
m(._.)m
教室にクレベリン置いてくれなんて、勝手な要望だと分かっているんです。でも受験生抱えてると、健康管理につい敏感になり過ぎて、何か少しでも出来る手立てはないものかと思い詰めてしまうのでした。普段はおおらかで心優しく穏やかな私(嘘、いい加減なだけ)なのに、今シーズンは健康オタク化して、かなり精神的に追い詰められてたかもしれません(苦笑)客観的に見れば自己中な母なのですが、さすがに実際学校へクレベリン持参するわけにもいかず、悶々と胸の内でただ思ってただけなので、モンスターまでは変身してないかと(汗)
ρ(・・、)本音爆弾ぶっちゃけ過ぎてゴメンなさい!
2014年02月14日 11:43
うきさん

皆さんに気を遣わせてしまって…すみません。
でも本音爆弾は大歓迎です(笑)
子供の健康管理に過敏になる母、同じように生徒の健康に気を配ってくださる学校の先生。どちらにも共通しているのは「子供を思う気持ち」ですよね。
私…うちの子が受験生の時は、首から下げるタイプのウイルス除去グッズ、持たせるかもしれないなぁ。
2014年02月15日 00:43
夢佳さん、うきさん
こちらこそ、おふたりのお気持ちを伺ったことで、今まで気づかなかったことを知ることができました。ありがとうございます。
とか言う私も冬は子どもの体調にヤキモキしてしまいます。息子の顔がちょっと赤く見えた気がするだけで、すぐ体温計を取り出したり、オデコを触ったりするので、とてもうるさがられてますよ。(^o^;)
私は、子どもが小さい頃、風邪を引いたりして病院に連れていった時に、最後に「お大事にー」って言われるのが嫌でしたね。なんか、「後はあなたの責任」と言われてるみたいで。だでさえ心細さでいっぱいなのに、追い打ちをかけるみたいな言葉に聞こえてました。仕事では私自身が普通にお母さんがたに掛けている言葉なのに。今はもう子ども達も大きくなり、病院での「お大事にー」も、三三七拍子にしか聞こえませんが、もしかしたら学校で、誰かに心細さを感じさせてしまっているのかもしれないな、と思いました。
夢佳さん、美味しそうな献立は見つかりましたか?私はお料理の本て、見てるだけです。それだけで楽しいです。(つまり、自分では作りません。笑)
2014年02月15日 12:50
Blue Windさん

気を遣っていただいて、ありがとうございます。
言葉って難しいですね。大切なのは、そこに心がこもっているかどうかなのかもしれません。
紹介した料理本ですが、昨夜そこから一品作ってみたのです。野菜をたくさん細切りにしなければならず、普段の私ならやらないのですが、がんばって作ったのですよ。ところが子供の反応がいまいちで(-_-;)へこむよりもキレてしまい、全部一人で食べてやりました(笑)

この記事へのトラックバック