初心に帰る

京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞されました。
奈良にもゆかりのある方で、喜ばしいことです。

奥様もお医者様とのこと。
きっとストックホルムでの授賞式に同席されても
苦もなく英語でコミュニケーションを
とられるのだろうなぁと思います。

とてつもなく広い意味で言ってしまえば
私の夫も研究者です。
もちろん、ノーベル賞には全く関係がありませんが(笑)

1度だけ、海外の学会に同行したことがあります。
3年前、チェコのプラハでした。
私は十数年ぶりの海外。
英語を聞いただけで拒否反応をおこす状態でした。
夫がいなければ買い物もできません。
夫の仕事中は、会場ホテルのロビーで
子供達と時間を潰していました。

後から聞いた話ですが
同行している家族のためのスペースがあり
そこでは自由にお茶やお菓子を楽しめたのだそうです。
でも英語の話せない私は怖くて(?!)行けませんでした。

また、夜のレセプションでは
子供連れだったこともあり
外国の方が気さくに声をかけてくださったのですが
私は完全にフリーズ。

英語の勉強を始めたのは
このプラハ行きがきっかけです。
1年後のカナダ行きも見事に玉砕して帰ってきましたが 

将来、子供達の手がはなれたら
夫の海外出張についていき
(もちろんお金も貯めて)
夫の仕事中も一人で自由に行動できるように。
奥様達が集うサロン(?!)へ行き
いろんな国の方とコミュニケーションがとれるように。
これが私の夢です。

今回の山中教授のニュースは
あのプラハでの情けない気持ちを思い出させてくれました。

余談ですが、山中教授の話でおもしろかったことを。
聴衆に講演を聞いてもらうためにはユーモアも必要。
関西人であれば笑いをとるのは当然の義務です(笑)

  「関西でうけた話は、アメリカでうける。
   関東でうけた話は、イギリスでうける。」

のだそうです。
何となく納得してしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック