入国審査(アメリカ編)

昨日に引き続き、入国審査の話です。
アメリカへの入国は2度。
ミシガン州へは車で  ワシントンDCへは飛行機で 

すべて書くと長いので、ミシガンの時の話を。
国境の橋を渡ると(ちなみに通行料3$)高速の料金所のような所でパスポートを提示。
どこへ、何のために、何日行くのか?
夫が何故、カナダで車を所有しているのか?を聞かれました。
パスポートを返され、そのまま通過できるのかと思いきや、
前方の建物横に車をつけるように言われ 

近づいてきた係員。映画に出てくるような強面のお兄さん。
カメラと携帯は車内へ残して降りるように早口でまくし立てる。
めっちゃ怖い 
そして私のカバンの中身を調べる。化粧ポーチの中まで開ける。

そのまま建物内へ入るように・・・といっても
建物内はすでに大勢の人であふれ、外にまで行列ができています。
これに並ぶの?子供達を連れて?unbelievable・・・。

それから入国審査の順番がまわってくるまで、実に2時間半!
2時間半ですよ!2時間半!立ちっぱなしで2時間半!
何様やねん、アメリカ 
しかもいくつもある窓口が半分しか機能していない。
こんなに大勢の人が待っているのに!やる気あんのか 

カメラと携帯を車内に置いてこいと言ったのは、
どうやら審査場内の写真撮影をさせないためらしい。
長い待ち時間でトイレへ行く人も多かったですが、
トイレの入口にもテンキーが付いていて、係員がその都度開錠していました。

アメリカの入国審査が厳しいのは知っていました。
飛行機なら出発時間がありますが、車だもの。
時間がかかったって知ったこっちゃないよ、ってことか。

やっとたどりついた窓口。また同じような質問をされる。
本来ならば、家族で1枚のはずの入国書類を人数分4枚記入。
友人宅の住所まで書け、と言う。(夫がメモをしていて良かった)
夫と私は指紋・写真を取られ、まるで犯罪者扱いです。
1組通るのに、なんと時間のかかること!

挙句の果てに、1人につき6$ 合計24$払えだと!
何で入国するのにお金取るのよ。
思わず 「too expensive!」と文句を言ってしまいました。

すべて終わった時には、国境の橋を渡ってから3時間が経過していました。
もちろん友人との待ち合わせ時間には間に合いません。
でも携帯を車に置いてきているので連絡もできず 

友人はアメリカ在住のためか、このような厳しい入国検査はされないそうで
「それは災難だったね~」と言っていました。

ここまでしなくてはいけない国。
ある意味、悲しいことだな。
本当に世界が平和になったら、入国審査もなくなるのかな。

ちなみにカナダへ戻ってくる時。
同じように料金所のような所で、パスポートにポンポンッとスタンプを押し、
「OK!Thank you!」 これだけ 
(通行料は取られましたが)
どうしてこんなに違うの?
アメリカ好きな方、ごめんなさい。
でもやっぱり、何様やねん アメリカ 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

ミウ
2010年09月09日 16:57
カナダへの入国審査は無事に終わってよかったね!
備えあれば憂い無しで、お守りがわりの文書があったから、堂々と審査をパスできたのかもね。
それにしても、アメリカへの入国審査、大変だったねいつか旅の思い出と思って、笑える日がきますように。
夢佳
2010年09月11日 20:55
ミウさん へ
コメントありがとう。
車で国境を越えるなんて日本では出来ない事だし、
今はいい経験ができたと思っています。
でもワシントン行きの時も、ホントに嫌な思いを
しました。どうなってるのかね~。

この記事へのトラックバック